よねくらのステーキアップ 久しぶりに更新します。ネタはいっぱいあるけどなかなか更新してなかった。 ちょっとスマホからの更新にチャレンジしています。(その後、PCで見た目を修正しました。)
北海道の池田で名物といえばワインと牛。 帯広から数時間の滞在で、列車の発車に合わせて予約したお弁当です。 列車の本数が少ないので店で食べずにステーキ弁当。多分牛は池田牛ではないけど。

ステーキ弁当 ステーキ弁当のパッケージです。レトロでいい感じ。旅情をかき立てますね。
特急おおぞらの停車駅でもあるので、普通の人はおおぞらの停車中に買えるように予約するみたい。
降りてお店まで行っていたら間に合わないからたぶんホームに来てくれます。

よねくらステーキ弁当の中身 まんまるチーズケーキ お菓子のコマツ 時間指定でお願いしたらアツアツの出来立てが食べれました。量は少なめなのがちょうどいい。
実は時間があったので、通り一本向こうにあるお菓子のコマツさんでチーズケーキを一つ買ってきました。半熟マルチーズ。
池田ワイン城ではトカップ(ワイン)の360ml瓶を一本。
ワイン飲みながらお弁当食べてデザートにチーズケーキ。贅沢な昼食です。

よねくらのステーキアップ ステーキ断面アップで。ミディアムレアな感じ。ヒレ肉かな。柔らかくておいしいです。
脂もないからカロリーも低いし、お弁当としてのおいしさを考えたら冷めてもおいしいのはひれなのかも?
別添えのソースも温かくていちいち美味しくたべられる気遣いがいい。

池田駅に入る列車 池田駅に入るローカル線。特急列車もあるけどわたしが選んだのは普通列車です。
帯広までの30分で充分食べれました。
10:28発の列車だったけど、単線のため列車入替でもう少し前から止まっていて、
(あ、池田始発だったからかも。)出発前から食べ始めておりましたけど。

北海道の列車内 車内の様子。ボックスシートなのでお弁当が食べやすい。10時半だったから他の人は一切飲み食いなし。
それでもめげずに戴いた。もちろん十勝ワインもいただきました。明らかに観光客だからいいのだ。

レストラン よねくら

レストランよねくら 住所:北海道中川郡池田町字大通1-27
電話:015-572-2032
営業時間:9:00~20:00 木曜休
ホームページ:http://restaurant-yonekura.com/

池田駅前にある洋食レストラン。ハンバーグやステーキなどが食べられます。
ランチではリーズナブルなメニューですが、ディナーの時間は池田牛のステーキも食べられる。
ただし、私が来店したとき(2018年6月末)は店の入口に「池田牛は品切れ」と貼ってありました。
もしかしたら稀少な肉なのかもしれません。 他にも周辺にいくつも「池田牛取扱店」と掲げた料理屋さんはいっぱいあったけども、 洋食レストランはよねくらとワイン城の中のレストランだけかも?

レストランよねくらステーキ / 池田駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


池田ワイン城:池田町ブドウ・ブドウ酒研究所

池田ワイン城
トカップと半熟チーズケーキ
住所:北海道中川郡池田町清見83番地
電話:015-572-2467
営業時間:9:00~17:00 木曜休
ホームページ:http://www.tokachi-wine.com/kanko/castle/

池田駅前の小高い丘の上にそびえ立つお城のような建物が池田町ブドウ・ブドウ酒研究所。
お城のような外観からワイン城と呼ばれています。
ワインの醸造所見学、工場見学もできますが、すぐに終わってしまうのと、 説明付きのツアーは1日3回で限られているので、個人客は時間を気にして行った方がいいかも。
ワインのお土産や池田町のお土産が充実していて、バスツアーのおばさま方はベーコンとか いっぱい抱えておられました。おすすめなのかもしれません。
私はワインだけしか買いませんでしたが。それでも瓶だから持って帰るの大変でした。