神奈川の横浜というとJR関内・石川町周辺に広がる中華街が有名です。横浜開港に端を発し、世界屈指の規模を誇ります。庶民的な中華食堂から高級店まで幅広い中華料理が食べられるため、定期的に訪れる神奈川県民、横浜市民は多い。
このように中華街がある一方でほんの少し離れた日ノ出町、黄金町付近には新宿の歌舞伎町の様な歓楽街があり飲み屋やアジア系飲食店が集まっています。大通りに面しているためそれなりにいつも繁盛しており、気になっていたのがこのお店。北京風の羊肉料理店「京味居」に行ってみました。

羊の串焼き 羊串 このお店は中国北方の羊肉をメインにしたお店で串焼きがおすすめと言われます。
中国東北部に行くと鉄の細長い串に羊や野菜やらはたまた蚕とかいろんなものを
串焼きにしたのを食べさせてくれるんですけど、なんだか旅を思い出して懐かしい。
スパイシーなのを頼んだらスパイス別添えで出してくれた。日本人向けの配慮なんでしょう。

羊肉水餃子 中国北方と言えば粉食でしょ~ってことで水餃子です。羊肉の水餃子。
もちもちした皮とじゅわっという肉汁が美味しい。黒酢で食べました。
自分で作るとこういう餃子どうしても作れないです。ううむ。

羊肉湯麺 羊肉湯麺を取り分けたところ そしてこちらは羊肉入りの湯麺です。うどんのような麺をスープで食べます。
クリアなスープなのでお好みで自分で味を足して食べますが、そのままでも平気。
別添えで出してくれた醤油ベースのたれを少し掛けても美味しい。

このお店は飲み屋の後にはしごして麺を食べたくて入ったのですが、 お兄さんに串焼きを勧められて串も食べてしまいました。
前に入ろうとしたときは予約で座れず、2度目のチャレンジです。
いつも在日の中華系の方で席が半分くらい埋まっています。

中華街だと日本人がイメージするホントの中華料理屋が大半で、
中国によくある大衆食堂の姿のお店は少ないし、あっても行列してたりします。
メニューも日本人向けの日本中華が多いしね。
このお店もそういう意味では日本人が食べやすいように味の配慮はありますが、 基本的には中国の大衆食堂の形を貫いています。
今度は〆の麺だけでなくて、薄餅とか頼んで、火鍋や串焼きをゆっくり食べようと目論んでます。
そしたらまたこの後に追記しますね。

京味居

京味居 横浜 日ノ出町 外観 住所:神奈川県横浜市中区長者町9-154 第3共同ビル
電話:045-241-0818
営業時間:17:00~24:00

京急日ノ出町駅から徒歩5分くらい。大通り沿いにあるので見つけやすい。
こじんまりとしたお店でテーブルが6卓くらいしかないので 運が悪いと予約で座れない。
今度は友人誘って鍋したいな~。

京味居北京料理 / 日ノ出町駅伊勢佐木長者町駅桜木町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0