思えば呼子に行ったきっかけは俳優の佐藤浩市氏であった。数年前にやっていたキリン一番搾りのCMのあまりに美味しそうな食べっぷりで、呼子を訪れた人は私だけではあるまい。
ちょうど知人が九州出身のお嫁さんをもらうことになったのもあり、結婚式を冷やかすついでに佐賀まで足を伸ばしてみました。九州ってアジアと同じでバスが発達しているので、都市間の距離が意外と近いんですよ。
そして、わざわざ行くほどの価値があるイカを食べれた。加工品はともかく、お作りは取り寄せでは味わえません。

呼子 かべしま 茶碗蒸しともずく 呼子は町が一丸となって「いか!」をアピールしています。
年中イカの活き作りが食べられるのですが、地元の方々の努力なくしてはないのだそう。
というのもイカは養殖できないから。
呼子にはイカを食べさせてくれるお店がたくさんあるなか、活魚料理「かべしま」さんへ。
単品でほんの少しだけアワビだのウニだの魚介類がある他は、イカ一色の店です。
いろんな料理が食べたかったので、烏賊の活き作りコース1人前と烏賊コロッケ、烏賊焼売を単品でたのみました、そのコースの一品目がこれ。茶碗蒸しともずく。

呼子 かべしま 茶碗蒸し イカのすり身団子入り 茶碗蒸しの右下にまーるく跡がありましたが、それをクルリとくりぬくとこんな感じです。
なんの変哲もない茶碗蒸しかと思いきや、イカ団子いりのとろとろ茶碗蒸しでした。

呼子 かべしま イカの刺身 お次はイカの活き作り。
メニューに「イカは天然物ですので、一匹単位ではなくグラム単位です!」なんて注意書きがありましたが、つまりグラム単位で行くと、お作りは二匹分になってしまったようです。

裁きたてのイカはぴくぴくと動いていて、吸盤に吸い付かれそう。
新鮮なイカは歯触りがこりこりとしています。ぬちゃっとした食感がないのです。

ちなみにイカは養殖できないので、季節によって食べられるイカの種類が異なるそうです。

呼子 かべしま イカのコロッケ 次に単品オーダーのイカコロッケ。
直径5センチほどの丸いコロッケが2個ずつ串刺しにしてありました。

呼子 かべしま イカのコロッケを割ったところ 割ってみました。
ジャガイモに挽肉が入った一見なんの変哲もないコロッケですが、
よく見ると四角い形の白い物体がごろごろとはまっています。イカです。
0.5センチ角のイカがそこここにちりばめられており、食べた感触がなんとも面白い。

呼子 かべしま イカシューマイ テレビCMを見て、呼子に来るきっかけを作ってくれたのがこいつです。しゅうまい。
短冊に切った皮をウニのように貼り付けた面白い形の焼売です。
そして、透き通った皮の下の黄色い色が食欲をそそります。

呼子 かべしま イカシューマイ アップ 一つつまんでみました。美味しそうでしょう。

呼子 かべしま イカシューマイを割ったところ しゅうまいを割ってみました。
中身は黄色く、よーくみるとコロッケと同じく角切りのイカがごろごろしていました。
イカを包み込んでいる優しいだしの味がする卵がふわふわとしていてなお美味しい。
たまごとイカのすり身を混ぜて作ったイカ団子を使った焼売かな。

呼子 かべしま イカげその天ぷら いかげその天ぷらは、活き作りの刺身をほどよく堪能したところで、おねえさんが回収に来ます。
それを天ぷらにして出してくれるんです。
揚げたてをほおばるのがまた格別です。同じイカを刺身と天ぷらの二つの味で楽しめます。
同じくイカが名物の函館とかでもやってくれますけどね。

呼子 かべしま イカづくしコースの締め 最後はご飯と汁物と香の物で〆。ごちそうさまでした。
コースは1人前だったので、茶碗蒸し、ご飯、汁物などは1人前だけしかないけども、
他の料理は一人で食べるには多すぎる量だったので、この食べ方はアリでした。
そのうち機会があったらまたいきたいかなぁ。
焼売などの加工品であればお取り寄せで食べれますが、お作りは活き作りでないと。

そういえばデパートの催事でいかしゅうまいをみたことがあったんですが、
今思えば呼子のだったんだなぁ。今度みかけたら買っちゃいそう。


活魚料理 かべしま

呼子 かべしま 外観 住所:佐賀県唐津市呼子町加部島260-1 
電話:0955-82-5187 FAX 0955-82-3563
ホームページ:http://www.kabeshima.com/

かべしま魚介・海鮮料理 / 唐津市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.0