ちょうどゴールデンウィークのまっただ中で行われる弘前城のさくらまつり。城址公園の本格的な出店も有名だけど、あの公園内で普通に花見が楽しめてしまうのも嬉しいです。
例えば東京の新宿御苑など、花見はできるけど、お酒持ち込み禁止だったりして、なんのための花見なんだ!という感じだったりしますけど、さすがの青森。そんな制約はありませんでした。皆さん節度をもってお花見をしておられるのでしょうね。
というわけで、つまみとおさけ、レジャーシートを片手に花見。弘前中央食品市場でおばちゃんの手作りお総菜を持ち込みました。

ニシンみそ
こちらが身欠きニシンを使って作ったニシンミソです。
ニシン自体は青森産ではなく、北海道産を使っていると仰っていたような気がします。
身欠きニシンを甘辛く煮付けた物で、今回は花見のつまみにしちゃったけど、
これがあればご飯が何杯でも食べれちゃうな~っていう。
こちらは弘前中央市場で購入しましたが、他でもみかけたけどここの味が一番美味しかった。

くどう おかず屋 弘前中央食品市場 おかずの数々 くどうおかず屋のおかずいろいろ。ニシンミソだけでなく、野菜系のおかずもいっぱいあります。
グラム売りで好きな量だけ買えるのでお好みでどうぞ。
おかずを売っているお店はここだけではなく、他にもありますので、そこでイカメンチなどの揚げ物を買うのもアリ。
私がニシンミソにしたのは、残っても夜のおかずにできるからです。つまみになります。

青森 日本酒 こちらは持ち込んだ日本酒です。
弘前駅前中央市場から弘前城まで歩く間、酒屋さんがあるだろうと思ったのですがありませんでした。
途中でデパートがあったので寄れば良かったのかも知れません。
ただ、弘前城の前にローソンをみつけ、かろうじてローソンで手に入れたのがこちらの地酒。
コップは前日に大鰐で買って飲んだワンカップです。洗っておいたのだ。
ちなみに三忠食堂のさくらまつり会場のお店でもこのワンカップをコップ代わりにしてました。 (盗んだんじゃないですよ!自分の持ち物です!!)

さくらまつりの時期の弘前城 2016年は弘前城の城壁の改修工事のため、天守閣が移動しておりました。
なので天守閣の真横に、そして目の前に岩城山というシチュエーションで花見です。

ちなみにこれ以外のつまみはバター煎餅。
昔から売ってる小判型の南部煎餅ですが、これが個包装のが売ってたの。
本当はフライ煎餅とか南部煎餅の耳とかが好きなんだけど、見つけられなかったのね。
でもこれ、個包装だったので、残ったのを職場でお土産にあげたら好評でした。

くどう おかず屋

くどう おかず屋 弘前中央食品市場
弘前中央食品市場 入口
住所:弘前市土手町85-1

和風惣菜・洋風総菜・いかメンチ・焼き鳥・お刺身・フルーツなど、
お好みのおかずを選んで買えます。
市場内にカウンターだけの食堂もありましたが行ったときには閉まっておりました。

出張のサラリーマンがホテルの部屋のみ用の酒の肴を買って帰ったりもするようです。
おばちゃん曰く、ニシンミソは翌日にお土産用に買いに来たりもするそうですよ。
花見のおかずを調達するのにオススメです。