粉もの・点心 一覧

博多一口餃子食べ歩き。私はカリカリ好み。「旭軒」他

  • カテゴリ:粉もの・点心
  • ご当地グルメ, 福岡
  • 博多,餃子

博多一口餃子食べ歩き。私はカリカリ好み。「旭軒」他 博多といえば明太子とかラーメンとか、もつ鍋とか。名物と言われる料理がたくさんあるので、わざわざ餃子を食べるという発想にはならず、これまで食べてきませんでした。一口餃子って大阪のお店も聞くよなぁとかも思ってて。 でもひょんなことで博多に行くことになり、いろいろ調べて初挑戦。一人だったのもあり、気軽に入れそうだったのもアリ、2軒のお店を食べ歩いてきました。また次回、違うお店を開拓して加えるかも?…  »続きを読む

中国江南地方で一般的なワンタン。蒲田の「上海わんたん」訪問。

  • カテゴリ:エスニック・外国料理, 粉もの・点心
  • ワンタン, 東京
  • 蒲田,上海わんたん

中国江南地方で一般的なワンタン。蒲田の「上海わんたん」訪問。 東京は大田区の蒲田で有名な食べ物と言えば餃子。特に羽根付き餃子の発祥の地として知られております。100円で餃子を出す中華料理店とかあったりしてかなり侮れません。 そんな蒲田で前からずーっと行ってみたいと思っていたお店の一つが「上海わんたん」。そう、餃子ではなくワンタンのお店なのです。 日本で一般的な具がちょっぴり、皮をつるつるっと食べるびろびろとしたワンタンではなく、餃子のように具をぎっしりと入れたもの。水餃子とワンタンのいいとこ取りみたいなワンタンです。…  »続きを読む

夜の餃子。福島の円盤餃子「照井」と「石狩」食べ比べ。

  • カテゴリ:粉もの・点心
  • 円盤餃子, 福島
  • 餃子

夜の餃子。福島の円盤餃子「照井」と「石狩」食べ比べ。 中国発祥で日本で独自に進化した中華料理の代表格で、もはや日本料理と位置づけられそうな「餃子」。宇都宮や浜松など年間消費量を競っているのとはまた別で福島市でも独自のスタイルが観光客にも定着しつつある。 福島市の餃子は基本的に「夜」提供されるのが一般的。またフライパンにまあるく並べて円盤形にするのが定番です。町を歩いてみると確かに餃子を提供しそうなラーメン店がこぞって昼間に営業してなくて、逆に昼間に食べようとするとえらく苦労します。…  »続きを読む

横浜名物シウマイ。幻の博雅亭や今でも現役の崎陽軒など。

  • カテゴリ:粉もの・点心
  • ご当地グルメ, 神奈川
  • シウマイ

横浜名物シウマイ。幻の博雅亭や今でも現役の崎陽軒など。 以前、四万十を旅行したとき、民宿の女将さんが私が神奈川出身と知ると「美味しいシュウマイ、崎陽軒♪」と歌い出し、驚愕したのを今でも覚えている。 横浜の崎陽軒のシウマイと言えば通信販売などをしておらず、基本的に「横浜に来たら買ってください。」というスタンスを貫いているので、まさか高知県の人がそんなCMを知っているとは思わなかったのだ。 明治になって横浜の港が開港すると、西洋人商人についてやってきた中国人が横浜に華人街を作ったのが今の横浜中華街の始まりだと言うが、横浜のシウマイの名店と言われるお店はほとんどが明治時代後半に創業しています。 そして、崎陽軒のように今でも続くお店もあれば、事情があって閉店してしまった名店も。博雅亭のシウマイはもう食べられないらしい。あー、気づいてなかった。…  »続きを読む

まさかの大きさ。中華トントンのびっくり餃子。ジャンボも!

  • カテゴリ:粉もの・点心
  • ご当地グルメ, 栃木
  • 宇都宮餃子

まさかの大きさ。中華トントンのびっくり餃子。ジャンボも! 宇都宮といえばすっかり餃子の町というイメージが定着しております。浜松とその消費量で争っているとはいえ、他地域の者からすると宇都宮の名物という認識が強い。 駅の中には市内各店舗の持ち帰り餃子が買える売店もありますが、毎回違うお店を開拓していくのも楽しみの一つ。 まさし、みんみんなどの有名店の次は駅から歩ける小規模店舗を食べ歩き。今回は駅から徒歩15分ほどの「中華トントン」のびっくり餃子がお目当てです。…  »続きを読む

お皿の上で花開く。小田原氷花餃子の名物餃子「氷花餃子」。

  • カテゴリ:粉もの・点心
  • 中華料理, 神奈川
  • 餃子

お皿の上で花開く。小田原氷花餃子の名物餃子「氷花餃子」。 熱海の帰りに立ち寄った小田原で、ふらりと入った中華料理店「氷花餃子」。メニューを見ると中国の東北地方の料理がメインのようで、餃子の種類が豊富。 特に予約メニューの餃子宴会は様々な種類の餃子が食べ比べられるようになっていて、こういうお店は日本では少ないのではなかろうか。 価格も抑えめ。小田原に住んでたら、絶対ここで飲み会やります。小田原市民がうらやましい。…  »続きを読む

びろびろっとした超幅広麺が踊る。ふる川のひもかわ。

  • カテゴリ:粉もの・点心, 麺料理
  • ご当地グルメ, 群馬
  • ひもかわ,桐生

びろびろっとした超幅広麺が踊る。ふる川のひもかわ。 群馬県はめんの産地として有名なところ。乾めん生産では全国11位、めんの原料となる小麦生産は4位です。その上州群馬で生産される小麦の銘柄は5種類ほどあり、近年の地産地消ブームや消費者の国産原料信仰も相まって上州産の小麦粉にこだわった麺を作る製麺所が増えているそうです。 そんな群馬の「ひもかわ」はうどんを平べったく伸ばして3cmくらいの幅に切ったもの。 名古屋のきしめんよりすこーし太いかなという位の太さが一般的なのですが、桐生のふる川さんではこれを10cm近い幅で出しております。通常のひもかわと違い、お店でないと食べれないので、食べに行ってきました。…  »続きを読む

呼子のいかしゅうまいといえば萬坊。ふわふわです。

  • カテゴリ:粉もの・点心, 魚・魚介料理
  • ご当地グルメ, 佐賀
  • いかしゅうまい,いかまんじゅう

呼子のいかしゅうまいといえば萬坊。ふわふわです。 海鮮を使ったしゅうまいと言えばエビ焼売が一般的。そのほかでは肉焼売にホタテの貝柱をたっぷり入れていわば脇のうまみづけに使われたりもします。 イカが名産品の佐賀県の呼子ではその名産品のイカを焼売の材料に使っています。 呼子のイカを使うという以外ではお店によってレシピが違うようで食感なども様々ですが、 呼子のいかしゅうまいを全国に知らしめたのはここ萬坊だと思う。 タマネギと卵を加えることで、自然な甘みとふわふわの種に仕上がっています。 デパートの催事などでも人気の一品です。…  »続きを読む

大阪人のソウルフードたこ焼き。「たこせん」にどハマり。

  • カテゴリ:粉もの・点心
  • B級グルメ, 大阪
  • たこ焼き

大阪人のソウルフードたこ焼き。「たこせん」にどハマり。 今や大阪名物から全国区になってしまったB級グルメの代表格たこやきも、できたのは昭和になってからと意外と歴史が浅い。 元々は昭和初期に会津屋の店主が、生地に牛すじ、こんにゃくなどをいれて丸くやいた「ラジオ焼き」をベースに、明石の玉子焼きからヒントを得て、生地に味をつけ、明石のたこを入れたものを作ったのが始まり。 手を汚さずに美味しい物をそのまま食べてほしいとのコンセプトで青のり、ソースやマヨネーズはないのが元祖のたこ焼きです。 近年、関東では群馬発祥の銀だこが勢力を増しており、たこ焼きをカリカリに仕上げ、様々なトッピングをうりにしていますが、もともとのたこ焼きはぐっとシンプルだったそう。 私も大阪で初めてこのだしがベースのふわふわのたこ焼きを食べたときはびっくりしたものです。…  »続きを読む

ホワイト餃子野田本店!餃子の常識を覆しました。

  • カテゴリ:粉もの・点心
  • B級グルメ, 千葉
  • ホワイト餃子

ホワイト餃子野田本店!餃子の常識を覆しました。 千葉県は野田市にあるホワイト餃子の野田本店に行って来ました。 この餃子は本店ではなく支店(認定店?)で一度食べたことがあったのですが、「いうほどおいしいかな?」という印象をもって帰ってきました。 ちょっと重ための揚げ餃子のような焼き餃子の様な味で、5つ+ご飯という定食でおなかが一杯になったものです。近所にあったらたまに食べてもいいけど、わざわざいくほどかなぁという。 しかし、本店に行ってびっくり!とある支店で食したその餃子定食っぽい代物とは似て非なる物。 ふかふかでぱりぱりで、もたれない。うわ~、おいしい♪…  »続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

ご当地食材・特産品・加工食品