以前、家族とランチコースを食べに行った横浜の牛鍋屋さん。荒井屋さん。 現在、明治時代からのれんを守り続けている老舗は3店舗のうちの一つです。
当然、夜のコースはどのお店もたっかいのですけども、荒井屋さんはランチをしてくれてるのがありがたいのです。
通常のランチに比べれば高いけど、「たまには贅沢したい!」って時に行くのにばっちりです。
ただいま本店は改装中なので、支店の方に行って参りました。

荒井屋 牛生姜焼き定食 じゃーん。頼んだのは牛の生姜焼き定食です。生姜焼きが牛肉って珍しくない?
最初は開化丼とか食べようと思っていたのだけども、生姜焼き定食の野菜がたっぷりなのをみて、 思わずこっちにしちゃいました。

荒井屋 牛生姜焼き 生姜焼きの鉄板をアップにしてみました。牛肉は割と薄切りです。鍋用と一緒の肉かな。
野菜炒めも味がすごく薄くてさっぱりした味わいで、定食屋の生姜焼きに比べたら全体に薄味です。
濃い味でがっつりとご飯をお代わりしながらほおばるのではなく、肉を味わいながら食べる感じ。
牛肉でも脂が乗ってる肉だからから生姜焼きもあいます。

荒井屋 牛生姜焼きを野菜で巻く こんな感じで、肉で野菜を巻いてたべたりしてました。
たれがべとべとではないのでこういう食べ方も美味しいです。
野菜もしゃきしゃきだったし。(別に調理してあります。)

荒井屋 牛生姜焼き定食 ご飯をあけたところ 最後にもう一度食べる前の生姜焼き定食です。
ランチは季節によって品物が変わるみたいなので、生姜焼きもいつでも食べられるかどうかはわかりません。 開化丼や牛鍋定食はいつもあると思いますが。
ビーフシチューも食べてみたかったけど、冬限定みたいです。今度ランチに行くときは冬かな。
これで1500円だったと思います。

2016年は本店が改装中で馬車道にある支店のみの営業ですが、
たまたまパシフィコ横浜に用事があったので、そのついでにたべてこれました。
私が帰る頃、中国人の団体様がお見えになっていたのは場所柄でしょうか。

夜はお酒も含めて1万円は超えちゃうお店だと思うので、自腹で行くときは是非ランチで。
ちょっとした会食の時はランチの懐石もオススメです。

参考:みなと横浜。明治創業の牛鍋の老舗荒井屋で牛鍋を。

荒井屋

荒井屋 支店 外観
荒井屋 支店 入り口
住所:横浜市中区曙町2-17(本店)
   横浜市中区海岸通4-23相模ビル1階(万国橋店)
電話番号:045-251-5001(本店)045-226-5003(万国橋店)
営業時間:11:30~15:00 17:00~22:00(本店改装休業中 万国橋店第3日曜休)
ホームページ:http://www.araiya.co.jp/
      牛鍋処 荒井屋 楽天市場店
創業110年以上の横濱発祥の牛鍋の老舗。(万國橋店は平成オープン。)
牛鍋処 荒井屋 楽天市場店でハンバーグなどを購入し、家庭で老舗の味を楽しむこともできます。

荒井屋 万國橋店すき焼き / 馬車道駅日本大通り駅桜木町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5