群馬県の渋川市といえば、有名なのは伊香保温泉でしょうか。その渋川駅から駅で言うと二つ北側、国道17号沿いにぽつりとあるのが永井食堂。ここに国道が開通するとき、トラックドライバーなどを目当てに食堂を開いたのが始まりだったそうで、看板商品はモツ煮定食。他にもメニューはあるのに大半の人がこのモツ煮を頼む。
今ではすっかり評判を呼び、通りすがりのドライバーだけでなく、わざわざモツ煮目当てに車を飛ばして食べに来てしまうかたもおられるそう。ええ、その気持ちわかりましたよ。

渋川 群馬 永井食堂 モツ煮定食 こちらがその評判のモツ煮定食です。
普通にモツ煮定食を頼んでしまいましたけど、びっくり。なんですかこの大盛りご飯。
メニューにはモツ煮定食と大盛りがあったのですが、そのメニューに括弧書きでモツ大盛りって書いてありました。つまり、ご飯は最初から大盛りです。
周りの方の注文を聞いていると、「半ライス」とか「レディース」とかゆってるじゃないですか。
ご飯が多すぎる人はそうやって注文の時に減らしてもらうようです。
(でもこのご飯がうまいんですよ。店内で精米したてのを炊いてるようです。)

渋川 群馬 永井食堂 モツ煮 こちらが普通盛りのモツ煮です。大盛りを頼むと器からこぼれださんばかりになみなみ。
モツとこんにゃくを越後みそと信州味噌のブレンドみそでくつくつ煮込んであります。

渋川 群馬 永井食堂 モツ煮アップ モツ煮にズームしてみました。薬味に添えてあったネギと七味を振りかけます。
このモツ、臭みは全くない。おまけにとろ~りと柔らかくみその味がしみていて、
絶妙な辛さのブレンドみそが後を引く。これはご飯大盛りで食べたくなるわ。
はしたないので我慢しましたが、ご飯にぶっかけて丼飯でかっ込みたくなりました。
新鮮なモツを丁寧に下処理をしてあるんでしょうねぇ。

先日から、愛知の味「どて煮」や清水の「もつカレー」などモツを食べ歩いてますが、
やっぱり関東人の私は中京地区の甘めの味より辛味のある味の方が好きです。
ごはんがばくばく食べられちゃう。いやー、ドライバーもこれ食べたら力つくわ。
連れはニンニクの香りがするってゆってました。臭みとりにスープに入れてあるっぽい。
それと少しぴりっと唐辛子の味もします。
つゆの中にニンニクも唐辛子も入ってないので、例えばネットに入れて一緒に煮込んでるとか、
お客に提供する前に取り除いているのかしているのかもしれません。
このあたりのバランスの良さがお客さんを呼び込んでいる秘訣なのかも。

ちなみに永井食堂のモツ煮は「もつっ子」という商品名で持ち帰り用パックも売っています。一袋1キロ入りで、3人前だそうです。
お店で食べずに持ち帰りをしていく人もたくさん出入りしてまして、
だいたいみんな2~3個くらい買って帰っておりました。
お店のオフィシャルサイトや通販専門店で取り扱いがあります。

また、群馬に行くとき食べに行きたいですね。
群馬は温泉天国ですから、いつでも行く機会はありそうです。

永井食堂

渋川 群馬 永井食堂 外観 住所:群馬県渋川市上白井4477-1
電話:0279-53-2338 FAX:0279-53-4008
営業時間:9:30~19:30(平日)、9:30~14:00(土曜)日・祭日休
持ち帰り 9:30~19:30(平日)、9:30~18:00(土曜)10:00~18:00(日・祭日)
ホームページ:http://www.cm-tokyo.com/nagai/

最寄り駅はJR上越線の津久田駅ですが、川を渡る橋がありません。
電車で行くなら津久田の一つ南の敷島駅がよいです。
のんびりとおしゃべりしながら歩いて50分くらいかな。
渋川駅から関越交通バスに乗る手もあります。バス代は500円でした。

永井食堂もつ料理 / 津久田駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5