最初にソースカツ丼を食べたのは群馬出身の友人の一言からが始まりでした。 彼女の言葉でソースカツ丼は群馬かと思いきや、物の本には福井名物と紹介してあり、それではと福井に向かってソースカツ丼食べ歩き。
さらに岩手は一関で生まれたソースカツ丼や鰻のたれで食べさすたれカツ丼などを食べ歩き、「もう終わりだろ」と思いきや信州もソースカツ丼文化なのでありました。
有名店はいろいろあるようですが、今回はJR大糸線信濃大町の「昭和軒」さまです。

信濃大町 昭和軒 ソースかつ丼 こちらが信濃大町の昭和軒さんのソースカツ丼です。
これまで食べ歩いてきたソースカツ丼はひれやもも肉を使った物が多く、
薄めのカツに目の細かい衣で覆って揚げた物が多かった。(西洋亭市を除く。)
しかしこちらは正真正銘のロースカツですね。しかも肉が厚くてでかい!

ロースカツを使っているカツ丼にありがちといいますか、キャベツの千切りがひいてあります。

信濃大町 昭和軒 味噌かつ丼 こちらは家族が頼んだ味噌かつ丼。名古屋以外で味噌かつを見たのは初めてです。
信州はみその文化なのもありますし、名古屋からの旅行客も多いし、人気がありそう。
味噌かつ丼には温泉玉子が乗っていて、濃厚な味噌をまろやかにしてくれます。

このお店、すごくこぢんまりとしていてお客さんが沢山は入れるわけではありませんが、
「ソースカツ丼は時間がかかります!急ぐ方はカレーが比較的早いです。」
みたいな張り紙がしてありました。
メニューは多くはないけれど、とにかく調理を一人でやっていてお忙しそうな感じ。
電車の時間がある場合は、要注意ですよ。

味の方は実はあまり憶えてなかったのですが、普通に美味しかったと思います。
それより確か国産の豚肉で、このボリュームで、この値段で出していいの?という。
全然儲けてないだろうなぁとしみじみと感じたのを思い出します。
大盛りにすると量が倍になるとかいうけど、普通盛りで充分量が多いです。
(カツ重だとさらに多いみたいだし。)

山登りに行かれる方や戻ってきた方がカツをがっつりむさぼるのかなと。
カロリーオーバーだけど、次に行くことがあったらカツカレーが食べたい。

昭和軒

信濃大町 昭和軒 外観 住所:長野県大町市大町3215
電話:0261-22-0220
営業時間:11:00~14:00 17:00~19:00

JR大糸線信濃大町駅から徒歩5分くらいの場所にある小さな食堂。
丁寧に手作りをしているので出てくるのに時間がかかりますので、
時間に充分余裕を持ってお出かけください。
調理場の人数が少ないことと、カツ重のカツはとにかく分厚いそうで、
揚げるのに時間がかかるんだと思われます。
というか、カツ丼の肉も充分厚く感じるのは、群馬や福井のソースカツが 薄いからなんだろうか・・・。

昭和軒とんかつ / 信濃大町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0