岐阜県の中津川に行って参りました。中津川と言えば栗の産地。栗と言えば栗きんとん!と栗菓子目当てだったのですが、地元の飲食店が醤油カツ丼なんてものを売り出しているときき、また上手いタイミングでお昼ご飯にありつけたのもあり、食べて参りました。醤油カツ丼っていうとただの醤油かけって感じがするけど、醤油ベースのあんかけです。
ちなみに右の写真は楽天でみつけた醤油カツ丼のための醤油ソースなるものですが、たぶん似て非なる物です。 これはさすがにさらっとしてないとボトルから出てこないし。

しょうゆカツ丼 五万石 こちらはしょうゆカツ丼の生みの親らしき、中津川の五万石さんでいただいたものです。
実は普通のカツ丼と地元のブランド豚を使用したカツ丼の二種類がありまして、
ブランド豚を使った方を頼むとこのきらきらの器で出てきます。

しょうゆカツ丼 蓋を開けたところ 五万石 醤油カツ丼の蓋をあけたところです。でっかいロースカツがご飯の上にどんと乗る。
付け合わせは漬物と当然赤だし。

しょうゆカツ丼 カツ丼ズーム 五万石  しょうゆカツ丼によってみました。たれがあんかけになっているので、ご飯にはしみこまず、
カツとご飯を包み込むようにかかっているのがわかるでしょうか。
(実はこの写真撮ろうとしてカメラをするりとカツの上にひっくり返して大変なことになった後です。)

しょうゆカツ丼 カツのアップ 五万石 カツの断面を見ると、肉が分厚いのがよくわかります。そして非常に柔らかく、淡泊な味わいの印象でした。
もしかしたら最初だし、ブランド豚ではない方を食べたらよかったかも。
で、肝心のしょうゆソースですが、甘さが強めという印象で、私はもう少し甘さを抑えた方が美味しいと思う。
ただ、中京地区にいくと、みそ煮込み系の汁がかなり甘いので、これはこのあたりの地元の人たちの 好みの味なんじゃないかなぁと思いました。
甘いしょうゆだれと、辛めの赤だしの組み合わせが受けてるんじゃなかろうか。
私はソースカツ丼のほうが好きだなと思いました。

ちなみにこのお店、カツ丼の種類が豊富で、お店が押しているしょうゆカツ丼の他、
味噌かつ丼、ソースカツ丼、卵とじのカツ丼とあらゆる種類のカツ丼がありました。
他の料理もあるので、別にカツ丼専門店ではないはずだけど、カツ丼をぐいぐい押してる感じ。

卵とじのカツ丼だけ、卵がはいるからか、50円おたかめです。

興味がありましたら馬籠に行かれる途中にお立ち寄りを。落合の宿場も近くですし。
中山道ウォーキングの途中でご飯に立ち寄るのもよろしいかと思いますよ。
(私はバスで途中下車しましたけど。)

五万石

中津川 五万石 外観 住所:岐阜県中津川市落合706-8
電話:0573-69-3501
営業時間:11:00~13:30、17:00~20:00 水曜休
ホームページ:http://www006.upp.so-net.ne.jp/gomangoku/

旧中山道の宿場町、落合宿近くの交差点にある定食屋さん。
カツ丼、信州そば、鶏ちゃんなど近郊の名物が食べられる。
中津川駅近くにもお店があったようだが、閉店してしまったため、
しょうゆカツ丼に興味があったらこちらへどうぞ。

五万石 落合店かつ丼・かつ重 / 落合川駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0