極厚は通常のトンカツより厚め、極薄は通常のトンカツよりかなり薄めのなかなか珍しいトンカツをカツ丼にしたお店「今田屋」さん。しかもトンカツの枚数を選べるというユニークさです。
極薄カツ丼はなぜか釜飯の釜に乗って登場します。 フードコートに店舗を構えているので値段も店構えも気軽な雰囲気で、 高校生が部活帰りに立ち寄りたくなるようなお店ですよ。

今田屋 ソースカツ丼 極厚 極薄 とりあえず食べ比べをしたいので極厚、極薄をそれぞれ1人前ずつ頼みました。
(念のため補足しますが、一人で2人前をたべているわけではございません。)
肉をバランス良くする場合、極薄の方は2枚に増やした方がよいかもしれませんが、
そうなると極厚よりも衣の量が2倍に増えてカロリー過多です。
いちおう、両方とも3枚まで増量できるのでお好みでどうぞ。
極厚3枚はご飯が足りなくて困るので、ご飯も大盛りに増量かな。

今田屋 ソースカツ丼 極厚 極厚の方のカツ丼の丼をアップで。プラスチック製の丼鉢にご飯を入れ、
キャベツの千切りを載せた後に極厚のトンカツをどーんとのっけてあります。

今田屋 ソースカツ丼 極薄 こちらは極薄。釜飯の釜にご飯を入れてキャベツ、トンカツと乗せていくので、
ご飯の量も少なめ、カツははみ出して重ねて1枚分を乗っけてあります。

今田屋 ソースカツ丼 極厚 極薄 比べる 薄い方と厚い方の肉を並べてみましたが、厚さの違いがわかりますでしょうか?
極薄のカツの肉は3枚重ねてようやく極厚の肉と同じくらいってところです。

肝心のお味の方ですが、まず極厚のトンカツは脂身がかなり多く脂っこかった。
肉の切り方の問題で脂を多めに残してあった感じです。
薄い方がさっぱりと食べやすい感じですが、当然ですが厚い方に肉のかみ応えは負ける。

あとソースがかなり甘めです。今まで食べたソースカツ丼の中で最も甘いかも。
高崎のたれカツ丼もこういう甘さだったけど、それより甘い。

調べてみると会津のソースカツ丼も"甘めのソース"って言う言葉がしばしば聞かれるので この辺りの方の好みがこういう甘めのソースなのかも知れません。

肉をがっつり噛みしめたい方は極厚。油とソースを吸った衣を楽しみたいなら極薄を。
それぞれ好みと胃袋に合わせて肉の枚数を選んでみてください。
いずれにせよ、カロリー過多ですけどね。

今田屋

今田屋 ソースカツ丼 外観 住所:福島県福島市曽根田町1-18 
   ダイユー8MAX福島店 1階フードコート内
電話:024-533-2377
営業時間:10:00~21:00
ホームページ:http://imadaya.net/

JR福島駅と曽根田駅の間くらいにあるショッピングセンターの
フードコートにあるお店。
カツ丼は卵とじカツ丼は扱いはなく、別メニューでそばやうどんがあります。
店員さんは結構忙しそうで休日は提供までそこそこ時間がかかります。

今田屋かつ丼・かつ重 / 曽根田駅福島駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0