気仙沼といえばフカヒレの産地というイメージがありますが、実はメカジキの水揚げも日本一の漁港です。メカジキは蛋白な身を焼いたり、煮たりして食べるお魚のイメージでしたが、気仙沼ではハーモニカなるものを食べると仰る。
ハーモニカはメカジキの背びれの付け根の部分で、1匹のカジキからほんの少ししかとれません。骨が縦に入っており、その様がハーモニカのように見える。そんなところから由来した呼び名のようです。
脂の乗った骨離れの良い身をつるんと頂く。肉も魚も骨の周りが一番うまいっていうしな~。幸せな味です。

ハーモニカ メカジキの唐揚げ こちらがハーモニカの唐揚げです。見てください。ほんとにハーモニカみたいでしょ。
お店に入った途端、周りの人たちがみんな食べていて、すげー美味しそうだったの。
思わず「あれってまだありますか?」と人の食べ物をみて指さし注文しちゃいました。

ハーモニカ メカジキの唐揚げ アップ 骨は結構な密度で付いてますが、簡単にほぐれます。骨も大きいので食べやすい。
背びれを細かく動かすために必要な骨なのかも。

ハーモニカ メカジキの唐揚げ 断面 こちらが断面です。白い身がたっぷり入って美味しそうです。
ちなみに脂が乗った身にスパイシーな味付けの衣が大変美味です。酒が進む。

ハーモニカ メカジキの唐揚げ 骨 半分は骨がほろりととれましたが、残りはこんな感じに残りました。
よくマグロでネギトロを作るとき骨の周りの肉をスプーンでこそげ取りますが、
こんな感じだよなぁと。今回は唐揚げで食べましたけど、シンプルに焼いてレモンでも振って食べても美味しそう。煮魚でもよいかな。
気仙沼の居酒屋に飛び込んで食べてもよし。お取り寄せもありです。
港は震災で壊滅的な被害を受けたけど、それでも復興に向けて一歩ずつできるところから進んでいます。食べて応援は大歓迎です。そしてまた遊びに行きたいです。


大漁丸

気仙沼 復興屋台村 大漁丸 住所:宮城県気仙沼市南町4丁目2-19
電話:090-2888-2011
ホームページ:お店http://tairyo-maru.com/、復興屋台村http://www.fukko-yatai.com/

気仙沼の復興屋台村内にある居酒屋。マグロ船の料理長が腕を振るい、明るくて気持ちのいい女将さんと三陸らしいおつまみで楽しい夜を過ごせます。
呑みたい人は珍味とビールや日本酒で、食べたい人は三陸の海の幸がどーんと乗った丼物などでお腹を満たせます。
珍しい食材や調理法が並んでいて、また今度行かなきゃなぁと思わせるお店です。

大漁丸魚介・海鮮料理 / 南気仙沼駅不動の沢駅鹿折唐桑駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0