肉・内臓料理 一覧

「俺の」シリーズ店初訪問。渋谷で俺のハンバーグ。

  • カテゴリ:肉・内臓料理
  • フレンチ, 東京
  • ハンバーグ,渋谷

「俺の」シリーズ店初訪問。渋谷で俺のハンバーグ。 前々から気になっていた「俺の」シリーズのお店。かといって、立ち食いのイタリアンとかいくら美味しくても座って食べたいよなぁと思っていましたら、最近はハンバーグ専門店などもあるのですね。 たまたま渋谷に用事があったので、そのついでにお店を探し、行き着いたのがこちらです。 帰りにチーズトッピング券もらっちゃった。どうしよう。また行きたくなるではないか。…  »続きを読む

新宿ねぎしで白たんセット!仙台だけの名物ではない。

  • カテゴリ:肉・内臓料理
  • 東京, 牛タン
  • 新宿,白たん

新宿ねぎしで白たんセット!仙台だけの名物ではない。 新宿歌舞伎町から始まった牛タン専門店「ねぎし」。 どこの店舗でもお昼時になるとサラリーマンがずらりと行列を作っているのが名物にもなっています。 かつては牛タンとむぎめし、テールスープというのが大定番でしたが、昨今は牛タン以外のメニューも並ぶ。 久しぶりのねぎしだったから白たんたべたけど、次回は豚なんかもたべてみようかなともくろみ中。…  »続きを読む

石和温泉の三角屋でブドー酒。肉皿とラーメンもいいかんじ。

  • カテゴリ:肉・内臓料理, 麺料理
  • ラーメン, 山梨
  • 馬肉,石和温泉

石和温泉の三角屋でブドー酒。肉皿とラーメンもいいかんじ。 ずっと前から行きたいなと思っていた三角屋さん。 きっかけはにっぽん全国百年食堂 [ 椎名誠 ]です。山梨はうちから近くも遠くもない場所でもあり、行こうと思えば行けるので、一番印象に残った記事だったかも知れない。そして、椎名氏の店の紹介の仕方でその店が良かったのか悪かったのか、いわばテンションでみると、「これは行ってみたい」という気分にさせるのです。 石和温泉に泊まるかな~とも思ったけど、日帰りでも行けるので今回は日帰りで。馬の肉と一緒にブドー酒飲むんだから車はだめってことで、電車で行って参りました。青春18きっぷです。…  »続きを読む

横浜の老舗:牛鍋処荒井屋でランチ♪牛肉の生姜焼き食べたよ。

  • カテゴリ:肉・内臓料理
  • 牛鍋, 神奈川
  • 牛生姜焼き,横浜

横浜の老舗:牛鍋処荒井屋でランチ♪牛肉の生姜焼き食べたよ。 以前、家族とランチコースを食べに行った横浜の牛鍋屋さん。荒井屋さん。 現在、明治時代からのれんを守り続けている老舗は3店舗のうちの一つです。 当然、夜のコースはどのお店もたっかいのですけども、荒井屋さんはランチをしてくれてるのがありがたいのです。 通常のランチに比べれば高いけど、「たまには贅沢したい!」って時に行くのにばっちりです。 ただいま本店は改装中なので、支店の方に行って参りました。…  »続きを読む

赤坂四川飯店の本店へ。定番の陳麻婆豆腐を食す。

  • カテゴリ:肉・内臓料理
  • 中華, 東京
  • 四川料理,麻婆豆腐

赤坂四川飯店の本店へ。定番の陳麻婆豆腐を食す。 先日、ホテルニューオータニに行く機会があり、近辺で食事をする場所をさがしていたところ、「四川飯店の本店に行ってきなよ!」と家族に言われ、四川飯店がまさかの永田町界隈にあったことを初めて知りました。 というかテレビなどで永田町とか赤坂とか虎ノ門とか聞きますけど、東京の地理が地図で浮かばない。だから官庁街と赤坂が結びついていなかったのです。 「すごく地味なビルに入っているよ」といわれた古いビルは全国旅館会館なる名前の四角いビルで、ビルの片隅に赤に白抜きの「四川飯店」の看板が目印。陳建一さんのお父さん、きっとこの界隈のお役人さんや政治家に愛されるお店を作ってこられたのだなぁと、しみじみするものがありました。…  »続きを読む

みなと横浜。明治創業の牛鍋の老舗荒井屋で牛鍋を。

  • カテゴリ:煮込み・鍋, 肉・内臓料理
  • 牛鍋, 神奈川
  • 横浜,発祥の地

みなと横浜。明治創業の牛鍋の老舗荒井屋で牛鍋を。 すき焼きというとよく関西人と関東人との間で「関東風」「関西風」の論議が起こるが、そもそも関東で生まれたすき焼きは「牛鍋」といい、発祥も横浜である。 幕末に横浜港が開港し、海外から食肉文化が入って来たとき、牛肉を和風の味付けにした牛鍋屋が横浜一帯にできたのが始まり。割り下で肉、野菜をぐつぐつ煮た物。焼かない。そして、関西は牛脂であぶる。 当時は牛鍋屋が沢山あった横浜も、現在ものれんを守り続けているお店はわずか3軒。 その中の一つ「荒井屋」に行って参りました。 肉のうまさもさることながら、趣ある店舗の雰囲気が良かったです。…  »続きを読む

松本名物山賊焼き。これは嫌いな日本人はいない。

  • カテゴリ:揚げ物・フライ, 肉・内臓料理
  • 山賊焼き, 長野
  • 鶏肉,松本,唐揚げ

松本名物山賊焼き。これは嫌いな日本人はいない。 先日ひょいと思い立って松本にぶらり列車の旅をしてきました。目的は山賊焼きと温泉です。 山賊焼きと言いながら実際には焼いているのではなく揚げています。山賊揚げの方がしっくり。 山賊が物を「取り上げる」→「鶏揚げる」というだじゃれから来た看板メニューです。 発祥のお店は浅間温泉近くの河昌さん。気がつけば信州名物と言われるほど、あちこちで食べられるようになったメニューです。 これを嫌いな日本人はいないかな。子供も大人もかぶりつきますよ。…  »続きを読む

千代保稲荷でどて煮と味噌かつ。味噌がすこし甘さ控えめ。

  • カテゴリ:揚げ物・フライ, 肉・内臓料理
  • 串カツ, 岐阜
  • どて,味噌かつ

千代保稲荷でどて煮と味噌かつ。味噌がすこし甘さ控えめ。 岐阜県海津市にある「おちょぼさん」の愛称で親しまれている千代保稲荷は、商売繁盛・家内安全のご利益がある神社とされ、県内外から多くの参拝客が訪れる場所です。 駅からも離れており不便な場所にある小さな神社にもかかわらず、参拝客で賑わっており、参道には彼らを目当ての様々な商店が軒を連ねる。 飲食店では串カツやどて煮を立ち食いできる店が多いのですが、その中で最も有名な金ぴかのお店「玉家」さんで参拝後に朝からのんできました~。…  »続きを読む

不動の人気が頷ける。渋川・永井食堂のモツ煮定食。

  • カテゴリ:煮込み・鍋, 肉・内臓料理
  • ご当地グルメ, 群馬
  • モツ煮,渋川

不動の人気が頷ける。渋川・永井食堂のモツ煮定食。 群馬県の渋川市といえば、有名なのは伊香保温泉でしょうか。その渋川駅から駅で言うと二つ北側、国道17号沿いにぽつりとあるのが永井食堂。ここに国道が開通するとき、トラックドライバーなどを目当てに食堂を開いたのが始まりだったそうで、看板商品はモツ煮定食。他にもメニューはあるのに大半の人がこのモツ煮を頼む。 今ではすっかり評判を呼び、通りすがりのドライバーだけでなく、わざわざモツ煮目当てに車を飛ばして食べに来てしまうかたもおられるそう。ええ、その気持ちわかりましたよ。…  »続きを読む

三河の赤味噌で甘辛く煮込んだ玉木屋の愛知名物「どて煮」。

  • カテゴリ:煮込み・鍋, 肉・内臓料理, 駅弁・弁当・テイクアウト
  • ご当地グルメ, 愛知
  • どて煮,三河安城

三河の赤味噌で甘辛く煮込んだ玉木屋の愛知名物「どて煮」。 「どて煮」は鍋のふちに八丁味噌の土手を作り、中に水を入れておでんを煮込んだことから始まった料理。名古屋を中心に愛知県内で親しまれているが、ルーツは大阪という説がある。 元々は鉄板の上に味噌で土手を作り、その中でホルモンを焼く土手焼きから始まり、いつの間にか牛スジを煮込むようになったという。 愛知県内のおでん屋さんでお客さんがおでんを煮込みの中に落としてしまい、それが美味しかったから始まったなんていう話も聞いたことがあるが、こういう庶民料理はいろんなところから派生するものなのでどれも正しいかも知れません。…  »続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

ご当地食材・特産品・加工食品