福井 ふくしん ソースカツ丼 カツが重なっている 福井のご当地グルメソースカツ丼の食べ歩きの旅。ネットで検索して地元の人に評判の高かったファミリーレストラン「ふくしん」さんに行ってみました。
こちらのお店は駅からは遠いので観光客には行きづらい立地ですが、バスで行けばそれほど苦にもなりません。ただし、味もさることながら、人気の秘密はボリュームです。 ただでさえカツは高カロリーなのに、量も半端なく多いので、最寄りの森田駅から歩くのもおすすめです。少しでもカロリー消費しなきゃ!(多少なりとも意味があるだろう。)

福井 ふくしん ソースカツ丼 カツ丼セットの並です。噂通り!蓋が閉まっておりません。
はっきり言って蓋を使う意味がないのだが、そこは演出ですかね。ボリューム満点。
これで並なら大盛りはいったいどんなことになるのか気になりますが、無理です。食べれない。

福井 ふくしん ソースカツ丼 蓋を取ったところ 蓋を取ってみると、蓋と同じくらいの大きさのトンカツがてんこ盛りです。
なんかマッターホルンみたいにカツがそそり立ってます。山盛りです。

福井 ふくしん ソースカツ丼 カツが重なっている 角度を変えて見てみるとわかりやすいのですが、
蓋とあまり変わらない大きさのとんかつが3枚重なっているのです。
みそ汁とおしんこつきで当時830円でしたが、今は860円らしい。
2枚入りの小カツ丼や5枚入りの大盛りもあります。

小カツ丼は女性にお勧めとありましたが、確かに並じゃ多いんだけども、
わざわざ福井まで食べに来たからには通常サイズにチャレンジです。

福井 ふくしん ソースカツ丼 カツを蓋に移して食べる あまり美しくない写真ですみません。
ご飯がカツの山で隠れてしまっていて、そのまま食べたら単なるとんかつで、
カツ丼ではなくなってしまう。だからこうやって蓋にカツを移してから食べる。
最初に閉まらない蓋は意味がないと思いましたけど、蓋と言うより皿という役割で活用されるのでした。このお店の流儀らしい。

福井 ふくしん ソースカツ丼 カツをかじったところ アップ あまり美しくない写真ですみません。ご飯にソースがしみたところをアップ。
やはりこのお店のカツも細かいパン粉がまんべんなくついているタイプですが、
ソースがついているのに時間が経っても衣がへたることがなく、さくさく感がずっと続きました。揚げる時間や衣の厚みがいい感じにバランスしています。

それにしても、この見た目はとんかつというよりも厚揚げみたいですね。
おあげのどんぶりたべているみたい。

ソースの量を増やしたり減らしたりは注文の時にたのみます。
私はもうちょっとソースが少なくてもいいかなと感じました。

場所が場所なので、お店のお客さんは常連さんらしき人ばかりでした。
福井のサラリーマンは「越前そば」と「ソースカツ丼」を交互に食べて一週間を過ごすなんてどこかのサイトに書いてあったけど、あながち嘘でもないかも。割と食べ飽きないです。
ファミリーレストランというだけあって、カツ丼はメニューの中の一つに過ぎないのですが、ほとんどの人がカツ丼を食べていました。
ほんとに好きなんですね。カツ丼。

福井って共働きの人が全国でも一番多くて、子育てをするための環境も整っているとしばしばメディアで取り上げられますけど、だからこそお昼は外食をする人も多く、安くて美味しい食堂が繁盛するのかもしれません。

ふくしん

福井 ふくしん ソースカツ丼 お店の外観 住所:福井県福井市高木中央1-205
電話:0776-54-7100
営業時間:11:00~19:30(月)11:00~20:00(水~日)火曜、第三水曜休

私は行きは最寄りの森田駅から25分歩き、帰りは高木バス停からバスで福井に戻りました。
京福バスの本丸岡もしくは福井県立大学行き等で高木バス停下車です。
その他、高木中央、高木中央2丁目も可。バスターミナルで聞くと早い。

レストラン ふくしんかつ丼・かつ重 / 森田駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5