和風レストラン 松竹 ソースカツ丼 かじったところ 岩手 一関 ソースカツ丼を知って十数年。食べ始めてからは数年が経ちますが、群馬を何軒か食べ歩き、福井まで飛んで、お次は東北です。多くの観光客が東北新幹線を降り、平泉へ向かってローカル線を乗り継ぐ駅、一ノ関です。
ソースカツ丼を教えてくれた友達は群馬出身でしたが、一関出身の同級生もいたのでした。今つきあいがないのが残念。話聞いてみたかったな~。
盛岡で洋食の修行を積んだ創業者が試行錯誤で作り上げたのがこの店の看板メニューになったそうで、カツ丼ってほんとにあっという間に日本人の心をつかんで、全国的に広がって行ったんですね。

和風レストラン 松竹 ソースカツ丼 岩手 一関 JR一ノ関駅の目の前にある店「松竹」のソースカツ丼です。
ここは創業者が洋食の修行をされた方ですが、店構えは「和食屋」の雰囲気。
店の売りがカツ丼とうな重なのです。最も出るのがカツ丼だそうです。

和風レストラン 松竹 ソースカツ丼 蓋を取ったところ 岩手 一関 丼の蓋を取ってみました。メニューでは特に「ソース」という記述はありませんが、
この店はカツ丼=ソースカツ丼のようです。
ひれとロースが選択できるのですが、ひれの方が高カロリーだとおばちゃんは言う。
自家製のパン粉を使っているので油をよく吸うみたいで・・・っていうのは
ロースも同じような気もするのですが。なんでだろう。

和風レストラン 松竹 ソースカツ丼 アップ 岩手 一関 カツ丼だけアップにしてみました。
一般的なカツ丼用のロース肉を半分に切った物が3きれ入っています。
大きさは少し大きめ。そして、普通のとんかつよりも薄いです。
肉は普段スーパーで売っているとんかつ用ロース肉の2/3くらいの厚みかな。

和風レストラン 松竹 ソースカツ丼 かじったところ 岩手 一関 食べてみたところ、このカツ丼。福井、群馬より美味しいと感じました。

まず、ビックリしたのがロースなのに肉が軟らかいこと。
ロースの脂がとろとろで全く脂っこくなく、甘みがあって美味しいこと。
脂が美味しいので、ロースを選んでよかったなって思いました。

そして、薄目について自家製の目の細かいパン粉の衣にほどよく甘いソースがしみこんでいるんだけど、でも衣はさくさくで、肉の味を邪魔しない優しいソースの味が絶妙!!
記憶が正しければ福井のソースカツ丼のソースはもうちょっと辛めだったと思う。

和風レストラン 松竹 ソースカツ丼 ご飯にズーム 岩手 一関 丼をよく見ると、つやつやで美味しいご飯の上に千切りキャベツ。
そしてその上にカツを載せ、たっぷりの自家製ソースをかけたソースカツ。
ご飯にしみこんだソースを「美味しいソースご飯」っていうひとがいましたが、
ソースにしょう油や鶏ガラスープがブレンドしてあるそうで、
ご飯にかけるタレとしてもイケる。

和風レストラン 松竹 ソースカツ丼 一味をかけて口直し 岩手 一関 「好みでこれもどうぞ」って出して頂いた一味とうがらしをぱっぱと振って。
普通のとんかつは和辛子ですが、甘くて軽いソースには確かに一味の方があいます。
ただ、たまに口直しに味を変えるのもいいかもしれません。

さすが米所東北。ご飯も甘くてふっくら上手に炊いてあって、ぺろりと完食しました。

私は夏油に行くための途中下車でしたが、ここからローカル線で平泉にも行けるので、
ソースカツ丼好きな方は、世界遺産観光の前後にでも是非お立ち寄りください。

和風レストラン 松竹

和風レストラン 松竹 外観 岩手 一関
住所:岩手県一関市上大槻街2-1
電話:0191-23-3318
営業時間:10:00~19:30 不定休

場所は一ノ関駅ロータリーの目の前。盛岡に宿泊して平泉を観光して一ノ関でご飯食べて新幹線に乗って帰るなどのルートはどうでしょうか?逆ルートも有りです。盛岡のじゃじゃ麺で大行列作るより、私はこっちの方をオススメします。
カツ丼はみそ汁香の物付きで850円です。
卵が苦手で試行錯誤してソースカツ丼を完成させた創業者に感謝の一杯!!