正直家 うなぎ 横浜 テレビや新聞に踊らされていると自覚しつつも土用の丑の日に併せてウナギを食べに行ってきました。わざわざこの日に行くと混むのにと思いつつ、それでもあれだけウナギ、ウナギと流されるとつい食べに行きたくなるものです。
元々丑の日の年に1回くらいしか食べないので、ここでいかないと全く食べなくなっちゃうから。神奈川県横浜市の弘明寺から徒歩20分くらいでしょうか。住宅街にひっそりとあるウナギやさんに行ってきました。

正直家 うなぎのつけあわせ 小鉢 まず最初にでてきたのがこちらの小鉢です。
ゴボウを炊いたのと漬け物。これは鰻重を頼んだ人には全てつくのか、周りのテーブルにもみんな出ていました。

正直家 うなぎの骨せんべい 続いて出たのがこちら。うなぎの骨せんべい。
これはもしかしたらビールを頼んだからかもしれません。
瓶ビールのつまみにだしてくれたんじゃないかな。
カリカリとして美味しかったです。すぐになくなっちゃう。

正直家 うなぎのつけあわせ 大根の煮物 うなぎ。そろそろ出てくれてもいいころかなぁと思い始めたところで、再び頂いたのがこれ。大根をツナで煮てあります。
前にモーニングに連載している漫画のクッキングパパで、 鮭缶と大根の煮物が出ていましたが、あれに似てるかも。
大根にだしがしみこんでいて美味しく煮えてました。

正直家 うなぎときもすい 横浜 注文してからどのくらいかな。1時間はかかってないけど、30分以上は待ったと思います。
ちゃんとしたうなぎ屋さんなので注文してからさばいて焼いてたんでしょう。
たしか真ん中のサイズを選びました。松竹梅というなら竹です。
だからこんなにお重にめいいっぱいウナギが載っていると思わなかった。びっくり。

正直家 うなぎ 横浜 鰻重だけアップにしてみました。一匹丸ごと載っていたのです。ぜいたくだなぁ。
やっぱりプロの方がその場でさばいて焼いたウナギと市販のパックでは全然違います。
スーパーで売っているウナギは手軽に安く食べれるけど、お寿司、天ぷら、ウナギなどは職人さんの腕と家庭の味は雲泥の差なので、お店に来る意味はおおありです。
ふっくらとした食感と甘辛いタレに白いご飯。久しぶりの美味でした。

ちなみにこのお店は知り合いがたまに飲みに来るお店です。
メニューにはウナギ類しかないんだけども、夜は適当につまみを出してくれるんだそうです。
というか、昼でも出してくれましたね。
土用の日はさすがに混むので予約は受けられないと断られたそうで、 だから昼間にひょっこり顔を出したのですが、 飲み助の人たちはよくもまあこういうお店を見つける物ですね。

私の居住地からはちょっと行くのが面倒ですが、また機会があったら行きたいです。
こういうお店はいつまでも続いて欲しい。
見てるとお孫さんらしい人が走り回っていたので、しばらくは安泰かな~。

正直家

正直家 横浜 外観 住所: 神奈川県横浜市南区大岡3-2-23
電話: 045-711-0972

この日は土用の丑の日だったので、出前などが忙しかったのかもしれません。
12時15分か20分くらいに行ったのですが、すでにのれんがしまってあった。
でも声をかけたらいれてくれました。ありがとうございます。
夜はちょっと予約とか受けられないと断られたので昼間に行きました。