高崎のご当地グルメとして、話題のパスタ。ご当地グルメといえばどちらかというと焼きそばとか揚げ物とか、B級というか、大衆食のイメージが強く、パスタなんておしゃれなネーミングのものがご当地グルメというのがいささかなじまないと思っていた。
とはいってもとにかく高崎はパスタとガイドブックでも強力に押しているし、そこまで言うのなら一度くらい・・・と思っていて、ようやく実現した高崎下車。乗り継ぎの関係で駅からさくっと行けるフードコートの店舗に立ち寄ってみました。
驚いたのは何よりボリュームのすごさであった。ううむ。

高崎 シャンゴ 海老トマトクリームスープパスタ 高崎のシャンゴといえば、高崎っこの間では知らない人はいない有名店のようです。
そのシャンゴさんの駅ビルフードコート店で食べたのがこちら。海老トマトクリームパスタ。
一見、普通のトマトクリームパスタじゃないですか。何がすごいってそのボリュームです。
Sサイズが150gですよ。通常のパスタの1.5倍。

パスタの味は普通に美味しいトマトクリームなんだけど、もう麺だけでお腹ぱんぱんになります。
その上、安いからびっくり。550円ですよ。サイゼリヤは高崎ではお客来ないんじゃないか?

高崎 シャンゴ シャンゴ風 こちらはシャンゴ風という名の着いたミートソースです。
ステンレスのプレートに入った日本風のジミーなミートソースパスタだと思うじゃないですか。
これが食べてびっくり。トマトソースじゃなくて、味噌ソースです。しかもちょっと甘め。
トマトも入っているんだろうけど、味噌の味が強くて、あー、群馬の人が好きそうな味だと。
その味噌風味の効いたミートソースに薄めのトンカツが乗っています。
このパスタはこのお店の中ではお値段高め。(それでも790円。)

しかもこれも同じくパスタの量が150gあるわけで、どんだけ食べるんだ!という感じ。
一人で食べるには多いし、二人でシェアするには少ない。
3人で2つでちょうどいい量です。
というか高崎の人はこれが標準だと思ってらっしゃるでしょうし、他地域でパスタを注文したら
「量が少ない!」とか「高い!」とかびっくりでしょうね。

どちらも普通に美味しく頂けましたが、とにかく量が多くて大変でした。
これ、お昼休みに食べちゃったら、午後は仕事にならないですわ。眠くてしょうがなさそう。

駅ビルのフードコート店は手軽に立ち寄れますが、メニューが少ないので、
もっといろいろ楽しみたい方は路面店に行かれることをオススメします。
いずれも駅からは遠いので、散歩がてら歩くこと前提で行ってみてください。

アグーリ バイ シャンゴ

アグーリ バイ シャンゴ 住所:群馬県高崎市八島町222 イーサイト高崎 1F
電話:027-395-0065
営業時間:10:00~22:00 無休
ホームページ:http://shango.co.jp/

高崎の老舗イタリア料理店。イタリアンというより日本風のパスタ屋という雰囲気。
路面店ではさまざまなセットメニューが味わえますが、手軽にパスタやビザをという場合、
駅ビルのフードコート店が立ち寄りやすいです。

アグーリ バイ シャンゴパスタ / 高崎駅(JR)高崎駅(上信)
昼総合点★★★☆☆ 3.0