静岡県の由比漁港と言えば桜エビ漁が盛んなことで有名です。春先のぽかぽかと気分が浮かれ出した頃に「桜エビ漁が解禁されました。」というニュースを必ずやるので、現地に行って食べてみたいと常日頃から思っていました。
お取り寄せでも急速冷凍した新鮮な桜エビは手に入りますが、春の陽気も手伝って、由比まで足を伸ばして食べてきました。国道沿いにあるちまたで評判のさくら屋さんです。

由比 桜エビ定食 こちらがさくら屋さんの桜えび定食です。
桜えびのかき揚げ、生桜えび、釜揚げ桜えび、小鉢、漬物、椀、ご飯と
これだけ盛りだくさんで980円です。これはすごいです。
桜エビの丼なんかもありますが、私はかき揚げが好きなのでこれにしました。
でも丼頼んで、かき揚げを単品で頼んだりもできます。
さっくりと香ばしい天ぷらは桜エビ塩でいただくことを薦められます。

桜エビ 由比 しらす もちろん、買って帰りましたよ。お土産に購入するのを頼まれてました。
こちらは漁港の直売所で購入したものです。家から保冷バッグを持って行きました

なんちゃってするが丼 由比桜エビ しらす そんでもって、こんな風になんちゃってするが丼にして楽しみました。
もちろん、ご飯は炊きたてです。

ところで、由比といえば桜エビ漁のことしかニュースでやらないから知らなかったんだけど、由比は昔、宿場町だったみたいです。
だから由比の駅から蒲原駅まで続く道は宿場町の風情を残しています。
間口が狭く、道路ぎりぎりに民家の入り口があって、ウナギの寝床のように奥に長いのです。今は車がないとやっていけないので、建て替える方は手前を駐車場に直したりしていました。

青春18きっぷでのんびりとローカル列車に揺られながらのご当地ご飯でした。
帰りは熱海で温泉はいって、アイス食べて帰ってきた。楽しみました。
春の青春18きっぷの発売と桜エビ漁の解禁は重なるので是非試してください。
もちろん車で行くことは可能ですが、海との由比の町の間は土地がすごく狭く、
その狭い土地に国道1号と東名高速が並行して走っているので、走りにくいです。
さくら屋さんは小さな食堂で、しかもお昼時は満席&満車になりますので、
車で行くなら早めにつくようにした方がいいですよ。

私は食べて外に出た頃にお昼の12時くらいだったけど、お客さん並んでました。

食堂さくら屋

由比 桜エビ さくら屋 外観 住所:静岡県静岡市清水区由比67-9‎
電話:054-377-1070
営業時間:11:00~16:00、10:30~19:30(土日祝)火曜休


食堂さくら屋魚介・海鮮料理 / 蒲原駅由比駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5