麺料理

仙台味噌が味のポインツ。仙台の中華屋名物マーボー焼きそば!

仙台の中華食堂 泰陽楼の麻婆焼きそば
これまでテレビで何度か見かけてずっと食べてみたかった仙台のご当地グルメの麻婆焼きそば。
仙台にいくというと「牛タン?」「仙台牛?」とか聞かれるんだけど、確かにそれもおいしいけども、
地元の人たちが日常的に食べているものの方が興味を引きます。
仙台は東北の様々な場所へ向かう拠点でもあるので、乗り換えとかでちょこちょこ立ち寄っているのですが、
なぜかこのマーボー焼きそばだけは食べる機会に恵まれなかったのです。

今回、ずっと行きたくて恋い焦がれていた主婦の店さいちへの訪問とともに、念願叶って食べてきました。


仙台の中華食堂 泰陽楼の麻婆焼きそば
こちらが駅前の路地裏にある小さな中華食堂泰陽楼さんのマーボー焼きそばです。
駅から徒歩5分くらいのところにあるので、地元の人と観光客が半分半分くらいですかね。
しかし、テーブル席が3つとカウンターのみの小さな店なので、大荷物の観光客は邪魔でしかない(笑)
(すいません。私もです。)

地元の人はメニューも見ずに「レバニラ」とか「ラーメン定食」とか頼んでいましたが、
いかにもよそ者はマーボー焼きそばを頼む率が高かった。(だから、私もです。)

見た目が茶色いので、すごくびっくりしましたが、考えてみると永谷園のマーボー豆腐の素も
赤いのと茶色いのありますよね。
一口食べて、甘い味噌の香りが口の中に広がって、「あー、仙台味噌だー」と納得したのでした。
普段、豆板醤たっぷりの辛い麻婆豆腐ばかり食べていたので、新鮮な気持ちです。

仙台の中華食堂 泰陽楼の麻婆焼きそば
冒頭とおんなじ写真を二度出しますが、マーボーの中から麺が掘り出されるとこんな感じ。
麺は焼きそば麺ではなくてラーメンの麺ですね。

一人前の中華麺と挽肉味噌餡が絡まった豆腐がたっぷりかかってボリューミーな一品です。
おそらく、お店によって、山椒をきかせた辛い麻婆豆腐がかかっていることもあるのであろう。
しかし、これもまた、町中華の味って感じでおいしかったです。ごちそうさま。

仙台 泰陽楼のレバニラ炒め
マーボー焼きそばの他においしそうだったレバニラも頼みました。
普段家で作るとこんなにおいしくできない。特にレバーはプロの下処理と炒め方だとつくづく思う。
ほんとは名物だという大きな餃子も食べたかったんだけど「売り切れです。」といわれてしまい。
開店30分で売り切れですから、要するにまだ仕込んでないってことでしょう。

出張とか観光の途中でさくっと寄り道するのにいいお店です。是非行ってみて。
マーボー焼きそばは他のお店の味も試してみたい!(このお店は次は餃子を狙います。)

駅前泰陽楼

仙台の中華食堂 泰陽楼 外観
住所:宮城県仙台市青葉区中央1-8-31 名掛丁センター街
電話:022-222-3913
営業時間:11:30~24:00 日曜休

仙台駅から徒歩5分の路地裏にある町中華やさん。
10人入れば満員といえる狭い店に地元の人や観光客が途切れることなく訪れます。
観光客は麻婆焼きそば目当てで、地元の人はそれぞれのお気に入りの味を迷うことなく注文する。一人でも入りやすい雰囲気なので、出張サラリーマンにもお勧めです。

駅前泰陽楼中華料理 / 仙台駅あおば通駅広瀬通駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0