名古屋 萬珍軒 卵とじラーメン 名古屋のご当地麺としてテレビで紹介された卵とじラーメン。屋台発祥のラーメン店萬珍軒の看板メニューで、こってり系のラーメンをまろやかに仕上げるために卵でとじることを考えついてから爆発的にヒットしたそう。
当初、周りのお店ではさっぱりとしたスープのものが主流だったとかで、屋台から明るい店舗に移転したら器に脂がぎっとり浮いているのを見て味ではなく見た目でお客がおののいてしまったそうな。
かくいう私もさっぱりしたラーメンを想像していたのでその濃厚な味にびっくり。カロリー取り過ぎに注意・・・。

名古屋 萬珍軒 卵とじラーメン こちらが卵とじラーメンです。見た目は中華料理に良くある卵スープのようですが、
一口食べてびっくり。ものすごい濃厚です。
見た目の思い込みで醤油味のあっさりしたスープを想像していたのですが、
背脂たっぷりの脂っこいスープで、その脂を卵で包んでまろやかにしてある。
細めの縮れ麺にスープが絡んで食べやすい。

名古屋 萬珍軒 卵とじラーメン 麺アップ 麺はこんな感じ。細めの黄色い麺です。
スープをそのまますすれる位の塩辛さにしてあるので細麺が合うっぽい。
スープの塩辛さもマイルドに感じられるので(実際には味は濃そうだけど。)、
麺をすすりつつ、スープを飲み干してしまうから恐ろしい。
だって、これ相当カロリー高いと思いますよ。
普通のラーメンならスープ残すのに、飲み干せてしまうんです。困ったことに。

ただ、それもスープが温かいうちに限ってのこと。冷めると美味しくありません。

名古屋 萬珍軒 手羽先 というのもこれ。名古屋で手羽先を食べたことがなかったので注文したのです。
餃子ならラーメンと交互にぱくぱくいけるけど、手羽先は手でつかんでがぶりとやるわけで、
揚げたての手羽先は甘辛くて美味だし、手も汚れてるし、先に手羽先を片付けることにしたのです。

手羽先を食べ終わって1/3ほど残してあった卵とじラーメンに戻ったら、
あれほど美味しいと思っていたラーメンスープがまずいのです。
「ああ、脂固まったなぁ。」ってはっきりとわかりました。

実はカウンターのお隣に同じく一人で入ったお兄さんがおられました。
お客の大半が必ずラーメンを頼むのに対し、彼の注文は「麻婆豆腐」。
お店の人は思わず何度も「麻婆飯じゃなくて麻婆豆腐?」と確認していました。

で、注文した麻婆豆腐がでてきたところで、「瓶ビール」をすかさず注文。
ああそうか。きっと麻婆豆腐をつまみにビールを飲んで、〆にラーメン行くのかも。
それか最後にライスを注文するのかどちらかなのではと想像しました。

卵とじラーメンは熱々のうちに一気に食べないと美味しくない。
お店のおすすめでもあったし、名古屋名物の一つだからと手羽先注文したけど、
ちょっとチョイスを間違った。
揚げ物の後をさっぱりさせるつもりでラーメンを少しとっておいたのに、逆でした。
手羽先は少し冷めたところで、パリパリ感は損なわれないので後にすればよかったです。

ここのラーメン美味しいけど、スープを飲み干したらかなりのカロリーだわ。
飲んだ後の〆に来る人いるだろうけど、いやー、太るだろうなぁ。(笑)
せめて、気持ちだけ野菜がのったもやしラーメンとかにするんだった。

萬珍軒(名古屋市中村区)

名古屋 萬珍軒 外観 住所:名古屋市中村区太閤通4-38
電話:052-481-8824
営業時間:18:00~25:30 日、第3月曜日休
ホームページ:http://www.manchinken.com/

地下鉄中村区役所前から徒歩3分ほど。名古屋駅からだと15~20分くらい。
私、栄から歩きましたが、事前にカロリー消費しておいてよかった・・・。
土曜だったからか店頭には常に20人くらいのお客さんが待っていましたが、
回転が速いので15~20分くらいしか待ちませんでした。

萬珍軒ラーメン / 中村区役所駅中村日赤駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0